横浜・港南区の司法書士による家族信託、認知症対策 横浜家族信託サポートセンター 司法書士法人 小関資産管理綜合事務所/株式会社 小関資産管理総合事務所

家族信託、認知症対策に関するご相談 お気軽にお問い合わせください Webからの無料相談はこちら

0120-821-575

電話受付 9:00〜17:00(平日)

横浜エリアを中心に神奈川県全域からの相談を多く承っております。代表:小関貴之(司法書士)
  • 相続・生前対策専門の司法書士事務所
  • 地域密着の司法書士事務所
  • 上永谷駅から徒歩1分の好立地

2,112件:(2020年10月現在)

個別相談予約はこちら

  • 家族信託
  • 成年後見
  • 遺言
  • 生前贈与

認知症対策 相続対策 空き家対策にオススメ!家族信託の専門家による家族信託の無料相談受付中!

無料相談の詳細はこちら

0120-821-575

よくご相談いただく家族信託”認知症対策”の活用方法はこちら

  • 実家売却 認知症になって実家が売却できなくなるのが心配
  • 空き家対策 実家が空き家になるのを防ぎたい... すでに空き家がある...
  • 施設入所 将来は施設入所を考えているが...
  • アパート管理 認知症になって収益不動産の管理ができなくなるのが心配
  • 事業承継対策 大切な会社をしっかり引き継ぎたい

このサイトでよく見られているコンテンツはこちら

  • 家族信託で実家を守りましょう!空き家対策には家族信託が有効!
  • NHKあさイチで話題沸騰! 親が認知症になったら、実家の管理や売却ができなくなるのが心配
  • 司法支所による家族信託の解決事例 皆様からご相談いただいた家族信託の解決事例を掲載しております!
  • クリックはこちら

司法書士法人 小関資産管理綜合事務所が選ばれる理由

  • 相続・遺言専門の司法書士事務所 当事務所は相続・遺言案件に強く、相続対策として注目されている家族信託にも注力しております。
  • 地域密着の司法書士事務所 当事務所では家族信託・相続以外にも横浜・港南区を中心として個人・法人の皆様のサポートをさせていただいております。
  • 上長谷駅から徒歩1分の好立地 上長谷駅前すぐの道路に面した店舗です。お気軽にご相談にお越しいただけます。
SEMINAR&REPORT セミナーレポート 家族信託の最新ニュース

詳しくはこちら

これまで解決してきた事例をご紹介します 解決事例 詳しくはこちら

詳しくはこちら

当事務所での家族信託に関するセミナー・勉強会を多数開催しております。ご興味のある方は過去セミナーの様子をご覧ください。

過去のセミナー情報はこちら

代表の挨拶

代表の挨拶

代表 小関貴之(こせき たかゆき)

最近、多くのお客様から「自分が元気なうちに身の回りのことを整理しておきたい」というお声をいただきます。これは多くの方が「家族にだけは迷惑をかけたくない」という想いを持っているからだと思います。いったいなぜ多くの方がこのような想いをお持ちになるようになったのでしょうか。

 1つは法改正により今までより多くの方が相続税を支払わなければいけなくなったことがあげられるでしょう。

そしてもう1つは遺産トラブルが増加していることがあげられるでしょう。このようなトラブルは以前まで資産家だけに起こる話というイメージを持つ方が多かったですが、実際に相続関連で家庭裁判所に持ち込まれる事件の大半は資産5000万円以下のご家庭です。家族同士といえども、家庭裁判所で争うことが多くなったことで、いわゆる「争続」を起こしたくないと思いと危機感を持たれる方が多くなりました。

また、高齢化社会が進み、さらに深刻化していくと考えられている日本において、認知症になった後でもご家族に財産を確実に引き継いでいくための対策がより重要となるでしょう。

 相続とは財産をただご家族へ引き継ぐだけでなく、ご家族の幸せを想うこと=「想族」といえるのではないでしょうか。さらに、ご自身が先代から引き継いだその想いをさらに次の世代へつないでいく=「想続」。こんな相続が実現できたらとても幸せなことだと思います。

 「家族信託」は、あなたの想いをご家族へつないでいくための新しい財産管理、資産承継の手段として活用できます。ご自身の意思や希望についてご家族と話し合い、円満相続のためしっかりと準備することが大切です。
当事務所は上永谷・横浜を中心に神奈川県全域からご相談に対応しています。
相続・家族信託についてお困り事がある方はお気軽にご相談ください。

よくご覧いただいている当事務所のQ&A

その他Q&Aにちてはこちら

家族信託ー目次ー

認知症対策 相続対策 空き家対策にオススメ!家族信託の専門家による家族信託の無料相談受付中!

無料相談の詳細はこちら

0120-821-575

新着情報

よくご相談いただく家族信託”認知症対策”の活用方法はこちら

  • 実家売却
  • 空き巣対策
  • 施設入所
  • アパート管理
  • 事業承継対策

このサイトでよく見られているコンテンツはこちら

  • 家族信託で実家を守りましょう!空き家対策には家族信託が有効!

    こちらをタップ

  • NHKあさイチで話題沸騰!

    こちらをタップ

  • 司法書士による家族信託の解決事例

    こちらをタップ

司法書士法人 小関資産管理綜合事務所が選ばれる理由

相続・遺言専門の司法書士事務所
上永谷駅から徒歩1分の好立地
地域密着の司法書士事務所

代表の挨拶

代表 小関貴之(こせき たかゆき)

代表 小関貴之(こせき たかゆき)

最近、多くのお客様から「自分が元気なうちに身の回りのことを整理しておきたい」というお声をいただきます。これは多くの方が「家族にだけは迷惑をかけたくない」という想いを持っているからだと思います。いったいなぜ多くの方がこのような想いをお持ちになるようになったのでしょうか。

1つは法改正により今までより多くの方が相続税を支払わなければいけなくなったことがあげられるでしょう。そしてもう1つは遺産トラブルが増加していることがあげられるでしょう。このようなトラブルは以前まで資産家だけに起こる話というイメージを持つ方が多かったですが、実際に相続関連で家庭裁判所に持ち込まれる事件の大半は資産5000万円以下のご家庭です。家族同士といえども、家庭裁判所で争うことが多くなったことで、いわゆる「争続」を起こしたくないと思いと危機感を持たれる方が多くなりました。

また、高齢化社会が進み、さらに深刻化していくと考えられている日本において、認知症になった後でもご家族に財産を確実に引き継いでいくための対策がより重要となるでしょう。

相続とは財産をただご家族へ引き継ぐだけでなく、ご家族の幸せを想うこと=「想族」といえるのではないでしょうか。さらに、ご自身が先代から引き継いだその想いをさらに次の世代へつないでいく=「想続」。こんな相続が実現できたらとても幸せなことだと思います。

「家族信託」は、あなたの想いをご家族へつないでいくための新しい財産管理、資産承継の手段として活用できます。ご自身の意思や希望についてご家族と話し合い、円満相続のためしっかりと準備することが大切です。

よくご覧頂いている当事務所のQ&A

1. 家族信託ってどんな制度?家族信託の仕組みを知りたい

2. 家族信託って認知症になってからもできる?

3. 遺言を書いておけば家族信託しなくていいの?

4. 家族信託を使えば「遺留分」は気にしなくていいの?

5. 家族信託と成年後見の違いってなに?