解決事例

2020年01月22日

父が認知症になったさいには実家を適正価格で売却したというケース

相談内容 父は足腰が弱くなり、介護が必要となった為、娘家族の家で生活をするようになりました。 そのため、もともと父の住んでいた実家は他県であったことからも空き家の状態で売りに出されていました。 しかし、田舎の家ということもあり、なかなか買い手が見つからず、父が認知症を発症する前に売ろうとすると買いたたかれてしまうことに... 続きはこちら≫

2020年01月19日

実家を管理できなくなり、子供に迷惑掛けることが不安というケース

相談内容 横浜市在住のAさんは80歳を迎え、テレビで家族信託の話題を目にし、他人ごとではないと心配になりました。 Aさんの周辺では高齢化が進んでおり、ご近所さんや友人の中にも認知症を発症してしまった方もいます。 そんな中Aさんは、私が認知症を発症してしまったら、子供や妻に迷惑をかけてしまうと心配されています。 専門家か... 続きはこちら≫

2020年01月19日

社長である父が認知症になるのが不安というケース

解決事例 後継者に自社株を移転したいが、株価が高くてすぐに渡せないという状況 背景 ご相談にきたオーナー社長の会社は、経営が順調で年々成長しています。そろそろ高齢になってきたこともあり、後継者である息子に承継を考えています。しかし、現在は会社の株価が高く、承継するには多額の贈与税がかかってしまうため困っています。 課題... 続きはこちら≫

2020年01月10日

母が認知症を発症してしまったら老人ホームに入所したいというケース

相談内容 現在、神奈川県の実家に一人で暮らしている80歳の母のことが心配な長女と次女。父はすでに他界しており母は、最近足腰が悪くなり始め、少し前から記憶力が悪くなってしまったとのこと。しかし、母は自分が認知症になるまでは自宅で生活したとの希望がありますが、認知症を発症してしまった後は娘たちに迷惑をかけたくないとのことか... 続きはこちら≫

2020年01月03日

事業承継したいが息子にはまだ早いというケース

背景 ご相談にきたオーナー社長はまだ63歳でお元気です。後継者として考えている長男も会社で働いています。今後も順調に会社は成長する見込みであり、そうなってしまってからでは、会社の株式の評価額が大きくなってしまい、税金が高くなってしまうので前もって自社株式を渡したいと考えています。しかし、長男に経営の全てを任せてしまうこ... 続きはこちら≫

認知症対策 相続対策 空き家対策にオススメ!家族信託の専門家による家族信託の無料相談受付中!

無料相談の詳細はこちら

0120-821-575