家族信託って認知症になってもできる?知っておきたい考えるタイミング

家族信託は認知症を発症してからでもできるの?

家族信託は「判断能力のあるうちに認知症になった時の財産について事前に判断をしておく」制度ですので、認知症になってから、ご自身の財産を家族に託すことはできません。

その為、家族信託を考えるタイミングとしては親の物忘れが気になってきた時や、仕事を退職して老後の生活や相続を考えるタイミングもしくは、お正月やお盆休みで家族で集まった際などなるべく早いタイミングでご検討いただくことをおすすめします。

では認知症になってしまったら財産はどうすれば良いの?

認知症を発症してしまった場合、財産は成年後見制度によって凍結を防ぐことが多いです。

しかし成年後見制度の場合、家族が財産の管理をできないというケースもあります。

当事務所では、家族信託、成年後見制度、遺言や、生前贈与等、老後のお金について、様々な角度から専門家と無料で相談できます。

お金の対策は早ければ早いほど選択肢が多いので少しでもご不明なことや、ご不安なことがある場合はお早めにご相談ください。

家族信託について更に詳しくはこちらから>>>

当事務所が横浜市の方々から選ばれる理由

当事務所は神奈川県トップクラスの相続の相談実績を持つ専門司法書士が、親身にお客様のお悩みを解決したり、将来のご希望を叶えられるようにご相談に対応しています。

また、上永谷駅から徒歩1分の好アクセスのため、横浜エリア全域のお客様からお気軽にご相談いただいています。

少しでも認知症とお金・土地についてご不安がありましたら是非お気軽にご相談ください。

ご予約は0120-821-575まで宜しくお願いいたします。

当事務所の無料相談について詳しくはこちら>>

 

認知症対策 相続対策 空き家対策にオススメ!家族信託の専門家による家族信託の無料相談受付中!

無料相談の詳細はこちら

0120-821-575