家族信託って認知症になってもできる?

家族信託は「判断能力のあるうちに認知症になった時の財産について事前に判断をしておく」制度ですので、認知症になってから、ご自身の財産を家族に託すことはできません。

その為、認知症を発症してしまった場合、財産は成年後見制度によって凍結を防ぐことが多いです。

当事務所では、家族信託、成年後見制度、遺言や、生前贈与等、老後のお金について、様々な角度から専門家が無料で相談いたします。

お金の対策は早ければ早いほど選択肢が多いので少しでもご不明なことや、ご不安なことがある場合はお早めにご相談ください。

家族信託について更に詳しくはこちらから>>>

認知症対策 相続対策 空き家対策にオススメ!家族信託の専門家による家族信託の無料相談受付中!

無料相談の詳細はこちら

0120-821-575