遺言が必要な方と遺言でできること

遺言書は遺される家族を想う、思いやり

司法書士年報によると相続でトラブルが発生した件数は財産額に関係なく10年間で2倍に増加したとのことです。

相続が起こった後のご相談を多くお受けしていると、意外と思われるかもしれませんが、よく寄せられる相談として
・介護と財産分のもめごと
・本家と分家との意識のちがい
・分けられない不動産しか財産がない

等、簡単に話し合いが終わらず、問題が解決されないことが多々あります。

「うちの家族に限って」とよく耳にするのですが、こればかりは遺される御家族や相続人への思いやりなのかもしれません。
争いに発展させることなく、ご本人の意思通りに遺産を配分するため、また親としての相続の指針を示すために、遺言書は必要です。

このような方には遺言書作成が必要です

必ず必要な方

・法定相続人以外に財産を残したい方
・子どもがいない方
・財産に不動産が多い方
・相続人との仲があまりよくない家族の方
・再婚した経験がある方

 

必要な方

基本的にはすべての方に遺言書は必要だと考えています。法定相続で平等でいいケースなんてまれです。
介護で世話になった人、引き継がせたい方がいる方には、遺言書は必須です。
なぜなら、遺言書があれば

①親としての相続承継の指針を、明確に残す事ができる
親の指針があれば、子供たちは納得できる。

②後継者が、他の兄弟に、印鑑押印を「お願いしなければ ならない」立場から、
他の兄弟から「お願いをされる」立場に逆転できる。

実際の相続の場で、この心理的余裕はかなり大きな心の支えとなります。

遺言書は、書いて終わりではありません

遺言書は、書いて終わりではなく、最終的には実行されないと意味がありません。
遺言書が見つからない、書いてある内容を遺産分割協議で引っ繰り返される、法定相続分を先に登記されてしまう、遺留分の減殺請求を受ける等遺言内容と異なる相続は当たり前のように起こっています。

正しい遺言書を残し、その存在を認知してもらい、しっかりと内容に基づいた実行をされないことにはその効力は発揮されません。

実際の相続の状況と、実現したいことに基づいた正しい内容を書けるような文案のサポートするのが私たちの役割です。

なぜ、“司法書士”がお役にたてるのでしょうか

お客様のご家族について、詳しくお話を伺います。
子供の頃からの親子間や兄弟間の関係性、子供への今までの援助、これからの介護の問題など・・・
それらお客様のご家族に関するあらゆる課題をお聞きして、総合的に対処するために書くのが本物の遺言書です。
多くの経験を有する司法書士だからこそ、亡くなる順番によるリスクや相続税も含め検討した遺言書をご提案できます。
亡くなった後の手続を何度も体感している司法書士だからこそ、万が一の時に「しっかり使える遺言書」を作成できるのです。

遺言書作成のサポート内容

遺言につきまして当事務所は無料相談を行っております。
少しでもご不安やお悩みがある方は是非お気軽にお問い合わせください。

遺言の書き方について詳しくはこちら>>

遺言には複数の種類があり、それぞれの種類によって書き方も効果も変わります。
ご自身にあった遺言の種類を知りたいという方は下記をご確認ください。

遺言の種類はこちらから>>

遺言執行のサポート内容

遺言書を書いた本人(遺言者)が亡くなった後、自動的に遺言書の内容が実現するわけではありません。
遺言の内容に従って財産を分け、それぞれの財産の名義を変更するなどの手続きをする必要があります。

当事務所では、専門家が遺言内容を実現するための諸手続き(財産の名義変更や換金、遺産の管理、

相続人や受遺者への遺産引き渡し、事務報告など)を行っております。

またオプションで遺言ビデオレターの作成がございます。

料金:39,000円+税

遺言ビデオレターについて詳しくは下記動画をご確認ください。

当事務所の無料相談について

当事務所では遺言に関する無料相談を行っております。

まずはお気がるにご相談いただければと思います。

当事務所の無料相談について詳しくはこちら>>

認知症対策 相続対策 空き家対策にオススメ!家族信託の専門家による家族信託の無料相談受付中!

無料相談の詳細はこちら

0120-821-575