Q&A

2020年10月02日

相続税法の改正についてポイントを分かりやすく教えてください

相続税についてご相談に来られる方の多くが、「相続税は資産家にかかるもので、自分には関係ないと思っていた」と仰られます。 確かに2016年1月の相続税法改正までは相続税が発生するのは殆どの場合資産家でした。 しかし相続税法の改正によってそれまでよりも相続税の納税対象者が大幅に増加しました。 これによって生前の相続税対策や... 続きはこちら≫

2020年08月07日

家族信託を分かりやすく教えて下さい!制度の概要やメリットは?

超高齢化社会に突入した近年、認知症などのリスクに対応するため、新しい財産管理の方法として「家族信託」という管理手法が注目されています。   しかし「家族信託」について説明できるという方はまだ少ないのではないでしょうか。 ここではわかりやすく、家族信託の概要やメリットについて説明いたします。 家族信託について知... 続きはこちら≫

2020年01月09日

家族信託と成年後見の違いはどこですか?

成年後見と家族信託の最も大きな違いは「認知症になっても契約できるかどうか」です。 認知症を発症してしまうと、契約行為ができなくなるため、家族信託を選択することはできません。 認知症を発症し、銀行口座をはじめとして資産が凍結された場合、成年後見制度での対応しかできなくなります。 当事務所では、認知症になる前でもなった後で... 続きはこちら≫

2019年08月09日

家族信託を使えば「遺留分」は気にしなくていいの?

家族信託契約を行ったとしても遺留分を侵害していると、減殺請求される可能性があります。 過去には、遺留分を侵害したとして「遺言信託」に対して、「遺留分減殺請求」がなされ、裁判となったケースもありますので、十分に注意して家族信託契約を結ぶことが重要です。 家族信託はまだ新しい制度であり、少し前までえは「魔法の杖」のようにな... 続きはこちら≫

2019年08月09日

家族信託って認知症になってもできる?知っておきたい考えるタイミング

家族信託は認知症を発症してからでもできるの? 家族信託は「判断能力のあるうちに認知症になった時の財産について事前に判断をしておく」制度ですので、認知症になってから、ご自身の財産を家族に託すことはできません。 その為、家族信託を考えるタイミングとしては親の物忘れが気になってきた時や、仕事を退職して老後の生活や相続を考える... 続きはこちら≫

認知症対策 相続対策 空き家対策にオススメ!家族信託の専門家による家族信託の無料相談受付中!

無料相談の詳細はこちら

0120-821-575