家族信託と成年後見の違いはどこですか?

成年後見と家族信託の最も大きな違いは「認知症になっても契約できるかどうか」です。

認知症を発症してしまうと、契約行為ができなくなるため、家族信託を選択することはできません。

認知症を発症し、銀行口座をはじめとして資産が凍結された場合、成年後見制度での対応しかできなくなります。

当事務所では、認知症になる前でもなった後でも専門家が無料相談を受け付けております。

お気軽にご連絡ください。

では費用面ではどのような違いがあるでしょうか?

費用を比較した場合、良く家族信託は高く、成年後見は安いという認識の方がいらっしゃいます。

実際にそのようになるケースもありますが、実はかなり多くの場合家族信託の方が安くなります。

なぜなら、成年後見制度は1度契約をすると途中で辞めることができないからです。

場合によっては家族信託で対策をしておけば数十倍安い費用で抑えられたというケースもあります。

家族信託と成年後見制度の違いについて、更に詳しくはこちらより確認ください>>>

認知症対策 相続対策 空き家対策にオススメ!家族信託の専門家による家族信託の無料相談受付中!

無料相談の詳細はこちら

0120-821-575